HOME > サービスメニュー > ISO/IEC20000-1(ITサービスマネジメントシステム:ITSMS)

ISO/IEC20000-1(ITサービスマネジメントシステム:ITSMS)

ISO20000-1とは

ISO20000-1は、一般的に“サービスマネジメント”“ITサービスマネジメント”などと呼ばれています。ISO9001は、どの業種・業態にも適用可能な最も一般的なマネジメントシステムですが、ISO20000-1は、ITシステムを活用したサービスを合意された顧客要求に応じて提供することを中心としたマネジメントシステムです。マネジメントシステムの導入によって、方針、目標を設定し、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を貴社の業務プロセスに組み込み、計画・立案⇒実施・運用⇒確認・評価⇒改善という継続的な改善サイクルを構築、運用することで、目標の達成を目指すことができます。このPDCAサイクルをもとにサービス品質を向上し顧客満足を実現することを目的としています。

近年では、社会におけるIT活用により、インターネット株式投資の増大や非接触型ICカードによる電子マネーの普及、およびICタグでの製販を通したトレーサビリティの実現など、利用者の向上をもたらしており、ITサービスが社会基盤としてさらに重要となっています。そのため、ITサービスに対する信頼性が要求され、サービス提供者には、ITサービスの品質を維持・向上する責任が生じています。また、ビジネス環境の変化に即応するビジネス変革を支えるITに対する期待も高まっています。
JIS Q 20000-1(ISO/IEC 20000-1)は、顧客にITサービスを提供しているサービスプロバイダや、ITサービスを通じて、顧客に製品・サービスを提供するビジネスを展開する組織(例、コールセンター、アプリケーションサービスプロバイダー等)の皆様が対象の規格です。

ISO20000-1の導入メリット

サービスマネジメントシステムを導入すると、どのようなメリットが考えられるでしょうか。規格では次のメリットを得ることを期待しています。

  • 信頼される第三者(認証機関)からJIS Q 20000-1(ISO/IEC 20000-1)の規格に基づいてITSMSを構築・運用していることを外部に表明できる。
  • 継続的な認証審査により、サービス品質の向上と維持を図ることができ、ITサービスマネジメントシステムが形骸化しない。
  • 認証が調達条件である引き合いに入札できる。 ※ITサービス提供者におけるITサービスマネジメントシステムの品質を関係組織が信頼することにつながる。

ISO20000-1の狙い

ISO20000シリーズは、ITILを基に策定された歴史的背景を持ち、実際に、ITILの思想や概念から大きな影響を受けています。ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、ITシステム運用の全ライフサイクルに関与すると考えられるプロセス群を記述した“書籍”のことです。1980年代後半から英国でまとめられ、現在では、ITシステムを活用したサービスの“運用領域”の世界で広く活用されているデファクトスタンダード(事実上の標準)となっています。そうした時代背景を経て、合意された顧客要求を満たせるようサービスの改善を通じて、顧客満足を向上させることを狙いとしています。

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり