HOME > サービスメニュー > ISO22000とは

ISO22000(食品安全マネジメントシステム:FSMS)



目的

  • 最終顧客となる消費者に安全な食品の提供。

  • フードチェーン内の食品安全を脅かすハザード(危害要因)を適切に管理するための仕組みの構築。

概要

  • ISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をベースにしたマネジメントシステム。

  • HACCPや一般衛生管理事項のPRP(前提条件プログラム)等の食品安全を管理するための要素を含む。

  • よくあるご質問

  • イメージアップや知名度の向上からビジネスチャンス拡大へ
  • 顧客に安心を与え信頼感のアップ
  • 効果的な食品安全の仕組みで社内外の対応力の向上
  • 社内の意識向上と技術・経験・知識の共有・継承
  • トップマネジメントの浸透






ノウハウを会社存続のために次の世代に伝える必要があります。
ISO22000は、HACCPシステムを中心とした食品安全を保証するための会社経営を体系化することを要求しています。
業務に関して、「どの段階で」「どの食品安全ハザード(危害要因)が発生するのか」、これらを管理する必要性と、管理方法の効果に関する情報などが、ハザード分析(危害分析)の結果として残されます。
業務における課題や確実性を監視し、監視結果を取りまとめて、適宜、適切に業務の更新を行うマネジメントシステムとしての要件から、会社経営が効果的、効率的に進められるようになります。



ISO220000に対応した食品安全マネジメントシステムを構築・運用することで「安全な食品」の提供が実現、企業の社会的責任の実行につながります。

ISO22000とは

◇HACCPとの関係
HACCPとは、管理すべき食品安全の危害要因として食中毒原因菌などを評価し、適切な管理を可能にする手段としての殺菌工程などをCCPとして管理するものです。その運用をシステムとして運営管理を行うのがISO22000です。

◇ISO9001との違い
ISO9001では、目的が「顧客満足=品質全般」であり、品質には「おいしさ」「使いやすさ」なども含まれますので、「食品安全」に特化したものではありません。

◇FSSC22000やJFS-C規格との違い
ISO22000は全ての食品関連業種に対して汎用性のある基準です。それゆえ前提条件プログラム(PRP)に関する規格要求がFSSC22000JFS-C規格に比べて詳細には定められていません。ただし、HACCPシステムが活動要素として含まれていること自体は、ISO22000、FSSC22000、JFS-C規格で違いはありません。


HACCP、ISO22000、及び、ISO9001が取り扱う活動の範囲

HACCP、ISO22000、FSSC22000、JFS-C規格の関係

日本能率協会審査登録センターのISO22000の認定範囲はこちら


ISO各種研修、社内教育はこちら

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり