1. HOME
  2. SDGsRoadmapプログラム
  3. SDGs×新規事業開発支援サービス

SDGs×新規事業開発支援サービス

自社事業と社会課題を結びつけ、将来に向けた「伸びる事業」を作り込んでいく。日本能率協会が新規事業開発を支援いたします。

「収益性」+「適社性」に加えて、「社会課題解決」を事業に盛り込んで行くことが2030年に向けて求められています。一方で社会課題を考えて事業ドメインから離れても、現実性から遠くなります。ありたい姿をバックキャスティングの手法によって考えていく。SDGsの基本から新規事業まで一貫とした支援を行います。

SDGs

SDGs×新規事業開発支援サービス3つの価値

貴社ドメインを再定義

貴社ドメインを再定義

貴社ドメインを再定義することによって、新たなビジネスチャンスの可能性を探っていきます。貴社のビジネスや技術の棚卸など、最も基礎的なところを再認識することができます。

貴社にとって「ありたい未来」とは

貴社にとって「ありたい未来」とは

既存の延長線上から脱却し、「ありたい未来」、そして実現かのうな未来を分析することができます。

プロジェクト全体を俯瞰

プロジェクト全体を俯瞰

「企画」だけでなく「収益性」まで全体を俯瞰してプロジェクトを運営することができます。

SDGs×新規事業開発支援サービスの特徴

一貫したサービスの提供

1一貫したサービスの提供

SDGsの基礎から新規事業開発まで、一環としてサービスを提供しますので、考え方の軸がぶれません。もちろん新規事業開発のみでも対応可能です。

適社性を考慮

2適社性を考慮

自社事業としてのリアリティチェックを行います。大きなテーマであっても「自社にとっての意義」と整合するとは限らないため、ドメインの再構築からプロジェクトを進めます。

チームでも対応可

3チームでも対応可

大きなプロジェクトの場合、日本能率協会もチームで対応しますので、ご安心ください。

SDGs×新規事業開発支援サービスの流れ

01

お問合せ

まずはメールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

02

打合せ
(見積・提案書の提出)

見積や打合せは無料です。貴社のSDGsを進める目的や課題を共有させてください。

03

契約

基本的に電子契約にて、事務処理の効率化を図っています。従来の紙ベースでも対応可能です。

04

支援の開始

みなさまそれぞれのロードマップを描きながら、支援を実施させていただきます。

お客様インタビュー

よくあるお客様のご質問

これまでさまざまな相談を受けてきた
JMAQAにお任せください。
SDGsについて知識がまったくないのですが、基礎的な事から教えて頂けるのでしょうか。

ご安心ください。多数の企業様からお問い合わせを頂いておりますが、SDGsについての情報収集をされている企業様が多いです。
お問い合わせを多く頂いており回答に時間がかかる場合もございますが、初歩的な内容であっても安心してお問い合わせください。

SDGsの社内研修依頼先を探していますが、どういった観点で比較・検討すればよいかが分かりません。

SDGsの研修やコンサルティングを行っている会社・団体は多く存在します。
公認のファシリテーターの存在や、実績、そして研修で終わるのではなく、成果を出すためのパートナーとして信頼できるかどうかも重要なポイントです。

SDGsの取り組みにはどれくらい期間がかかるのか、相場があれば教えてください。

SDGsの基礎知識習得や理解については、一日(5~6時間)程度で概要を体感をもって理解していただくことが可能です。
SDGsを用いた戦略構築や、新規ビジネス開発など、企業様の目的や状況に合わせて、期間や研修回数については柔軟にご相談出来ますが、多くの企業様の場合、全3~6回のプログラムをご提供することが多いです。

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせはこちら

03-3434-1446

受付時間 9:30~18:00(土日・祝日除く)