HOME > SDGsRoadmapプログラム

一般社団法人日本能率協会は事業と直結するSDGsの構築、運用プログラムSDGsRoadmapプログラムをご提案します

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のため の2030アジェンダ」にて記載された、2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残 さない(leave no one behind)ことを誓っています。

このようなご要望はありませんか?

  • 企業の成長戦略にSDGsを取り入れたい
  • SDGsへの取り組みに、ISO14001やISO9001を活用したい
  • 社内の意識を変えていき、社員全員でSDGsに取り組みたい
  • SDGsに取り組んだ成果を効果的に  外部発信したい

 SDGsとMDGs違いについて

MDGsとはミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)の略で、途上国に対する国際社会共通の目標です。
2000年9月にニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットで採択された国連ミレニアム宣言を基にまとめられ、
2015年までに達成すべき目標を掲げました。

この内容を考え方を引き継ぎながら、途上国のみならず全世界で取り組むべき内容として発展をとげたのが、SDGsです。

 企業がSDGsに取り組むステップとは?

 企業がSDGsに取り組むステップ SDGsを事業活動に活かし、お客様や社会から評価されるための
標準的な取り組みステップを以下に示します。 なお効果的に取り組むためのキーワードは次の3点です。


●マネジメントシステムと一体化した運用

             
●社員の意識向上

             
●外部への情報発信

ステップ1. 自社の分析(自分を知る)

企業は、自社の本業を通じてSDGs(つまり社会の課題)に取り組むことが期待されています。
そのため貴社の中長期計画や戦略にSDGsの要素をどのように融合させていくかが鍵です。
さらに社会の要請に応えるためには、貴社が社会や顧客から何を期待されているかを
明確にすることも必要です。
そこでこのステップでは、自社の経営環境を改めて知ることから始めます。

【成果物例】
・外部及び内部の課題
・利害関係者の期待

【関連プログラム】
・診断・監査

ステップ2:戦略の策定(設計する)

SDGsの17目標全てを取り組む必要はないので、ステップ1での分析結果をもとに、
貴社が取り組む必然性がある優先課題を決定します。
この優先課題はマテリアリティやリスク及び機会とも言います。
2030年に向けて、優先課題を組み込んだ戦略を設計します。

【成果物例】
・優先課題
・中長期計画(SDGsマスタープラン)

【関連プログラム】

・戦略策定

ステップ3:指標の設定(物差しを決める)

SDGsの取り組みは、範囲が広く、普段の管理対象と異なるため優先課題の取り組みは「何をもって有効と判断するか」の
判断できる指標を、
予め考えておく必要があります。この指標はKPI(Key Performance Indicator)とも言います。
設定された指標は、2030年に対する貴社のSDGs取り組みの本気度を測るバロメーターともなります。
また既存の品質や環境のマネジメントシステムに優先課題を融合して運用する場合も同様に重要なポイントとなります。

【成果物例】
・取り組みの有効性を測る指標(KPI)
・SDGs目標

【関連プログラム】
・戦略策定

ステップ4:社内認知の向上(全員が納得する)

重要課題や指標も決まれば、取り組み開始です。ただ、社会課題となると「なぜ取り組むのか?」
「何をするのか?」「どんな成果が期待できるのか?」を全社で共通化しないと、うまく回りません。
経営層を含め、広く理解を得、全社的に取り組むんだという雰囲気を醸造することが重要です。

【成果物例】
・SDGs研修計画
・スマホなどによるe-ラーニング

【関連プログラム】
・講師派遣研修

ステップ5:外部への情報発信(企業価値を高める)

「いいことをやっている」だけで終わらないことが重要です。「いいこと」であれば、それの成果を含めて外部へ発信し、
ブランディングを行うことが重要です。SDGsへ取り組みが企業価値向上に寄与する重要なポイントです

【成果物例】
・コミュニケーション計画
・サスティナビリティレポート

【関連プログラム】
・CSRブランディング

ステップ6:PDCAをまわす(改善する)

ステップ1~5からの成果を整理し、PDCAに組み込んで運用します。
場合によってはSDGsを運用する際のルールを文書化しておいてもいいかもしれません。
その際、既存のマネジメントシステム(QMSやEMSを含む)に融合すると効率的です。
設定した指標による測定結果などを分析し、又は内部監査なども計画してSDGsの取り組みをレベルアップします。

【成果物例】
・指標による測定データなど
・SDGs運用のルール化など
・SDGs内部監査の計画や報告書など

【関連プログラム】
・システム構築支援

 一般社団法人日本能率協会がご提案するSDGsRoadmapプログラム

一般社団法人日本能率協会は、マネジメントシステムの専門団体として、
社内教育や戦略立案、既存のマネジメントシステムを活用した運用支援、
ブランディング等のソリューションを含んだSDGsRoadmapプログラムをご提案いたします

SDGsプログラム
 

資料ダウンロードはこちら

「SDGsのポイント」

サンプル

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の「SDGs(持続可能な開発目標)」は、2016年1月に発効しました。そのポイントを紹介します。

Q&Aよくあるお客様のご質問

これまでさまざまな相談を受けてきた
JMAQAにお任せください。
SDGsのために設定した目標が達成できなかった場合、何かペナルティーなどはありますか。

ペナルティーはありません。PDCAを運用し、目標達成に向けてどのような取り組みを行っていくかが重要です。
企業によっては投資家から達成状況をウォッチされている場合がありますので留意する必要があります。

SDGsはISOのように認証を受ける必要がありますか。

認証制度ではありませんので、審査機関などから受審する必要はありません。ただ、情報公開が重要になると考えます。
逆に認証を受けているQMSやEMSに融合してSDGsを進めることを検討してみてください。

SDGsに取り組む中で、一番の課題は何だと考えられますか。

社内の理解だと考えます。いかに理解をしてもらい、広めていくかが、ポイントです。

 
案内の人

お気軽にご相談ください!