HOME > 課題から探す > 現場の負担軽減を図りたい

現場の負担軽減を図りたい

ノウハウの伝達ができない

ベテランから若手への知識や技術の継承がうまくいかない、というお悩みをお持ちの方も多いのではないのでしょうか。また、ある仕事が一人にまかせっきりになっていたために、その方が病気や退職などでいなくなってしまったら誰もその仕事が分からない、ということはないでしょうか。
ISO9001では、例えば経験から得た知識、過去の失敗から学んだ教訓等含め、組織として持つ知識を明確にし、その共有化のための取組みを求めています。

当てはまる規格

ケガや事故が減らない

現場でのケガや事故は、大切な従業員の方が傷つくのはもちろんのこと、業務への物理的な損害、他の従業員の方の不安や、仕事に対する不信感、また周辺地域の不安、社会的な信用の失墜につながりかねません。
OHSASでは、労働安全衛生上のリスクを、ISO39001では道路交通安全上のリスクを、あらかじめ分析し管理することでその発生を低減させ、またそのことが引き起こす経営への影響を最小限に抑えることを目的としています。

当てはまる規格

例外処理ばかりで現場がウンザリしている

指示通りに作ったはずなのに、「仕様が違う」とやり直しすることが頻発すると、現場の方々の士気も下がり、製品の品質にも影響が出かねません。
営業の方が注文を受ける時点で、お客様の求める仕様がどのようなものか、行き違いがないように確認したうえで、それを間違いなく製造の現場に伝えること、また製造の方も誤解なくその仕様を理解し、製造するための仕組み(ルール)は整っているでしょうか。

当てはまる規格

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり