HOME > サービスメニュー > ISO22716(化粧品GMP)

ISO22716(化粧品GMP)

JMAQAでは、「ISO22716(化粧品GMP)」の認証サービスを実施しています。
本規格にご興味のある組織の皆様は、CS・マーケティング部までお問合せください。

ISO22716(化粧品GMP)とは?

2007年に発行されたISO22716(化粧品GMP)(*)は、日本化粧品工業連合会(粧工連)が2008年に自主基準として採用し、業界標準の一つとして認知されています。

最近、注目度がアップしており、今後、国内でも化粧品製造メーカーを中心に取引先から化粧品GMPが求められる可能性が出てきています。

*正式名称は「ISO22716 Cosmetics -- Good Manufacturing Practices (GMP)  Guidelines on Good Manufacturing Practices」です。

食品製造業者にとってのGMPがISO/TS22002-1のように、化粧品の製造業者におけGMPがISO22716です。この規格では、製造活動、管理・保管方法についての基準が定められています。

対象商品と適用範囲

対象や規格の構成などは以下の通りです。


具体的な製品:
化粧品、医薬部外品(新指定・新範囲医薬部外品を除く)、口中清涼剤、殺虫剤(忌避剤を除く)、殺鼠剤、衛生用綿類


化粧品GMPの適用範囲:
化粧品の生産、管理、保管及び出荷従業員の労働安全や環境保全は適用外(国や法律の規則に従う)研究開発、最終製品の営業、物流も適用外


規格の構成:
1章~17章で構成従業員、構造設備、機器、原料及び包装材料の購入と受け入れから生産、最終製品の出荷、品質管理試験室における試験方法、規格外品の処理、廃棄物、委託、逸脱、苦情及び回収、変更管理、内部監査、文書化



*以下は管理体制の一例です

取得のメリット

組織様にとってISO22716認証取得のメリットは以下が考えられます。

 ● ISO9001との統合運営による品質管理体制の強化
 ● クレームの減少、予防の強化
 ● 製品品質の安定/生産効率の改善
 ● 公的機関による監査等の準備及び対応
 ● 市場への競争力アピールの強化
 ● 海外輸出時における国際的な認知度の強化
 ● 輸出製品等における化粧品法規の規制事項や顧客の二社監査の評価免除

日本能率協会審査登録センター(JMAQA)では、ISO22716審査サービスをご提供しています。
この機会にぜひご検討ください。

ISO各種研修、社内教育はこちら

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり