HOME > サービスメニュー > BS OHSAS18001/ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム:OHSMS)

ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)

従業員や協力会社など働く方々の、仕事に関連するケガや病気を、防ぐためのマネジメントシステムです。

組織(事業所)の労働安全衛生方針を明確にしたうえで、“働く人”を取り巻くリスクを分析し、評価し、管理していきます。労災事故の発生リスクを低減させ、このことが引き起こす経営への影響を最小限に抑えることを可能とします。ための仕組みを構築するものです。


労働安全衛生マネジメントシステムは、これまでBS-OHSAS18001(英国規格)として広く受け入れられてきましたが、 2018年3月にISO規格として国際標準化され、更なる市場への広がりが期待されています。

ISO45001
を取得する効果ってなに?

  • はたらく環境の向上
  • 人材採用、教育コストの抑制
  • 働く人々の健康と安全の維持
  • 従業員の満足度やモチベーションの向上
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 社会的信頼の獲得

各種お問い合わせはこちらへ

労働安全衛生マネジメントシステムが期待する成果は、
「労働者の負傷や疾病を防止し、安全で健康的な職場を提供すること」


例えば・・・

  • 製造工場や建設現場など、危険を伴う場所での事故を予防すること
  • 鬱病などの心的疾病を防止し、メンタルヘルスの向上を達成すること
  • インフルエンザやウィルスなどによる感染病を予防すること

ISO45001の導入メリット

1.従業員への効果

入社してみたが、労働環境の劣悪さに辟易して辞めてしまったという例は枚挙に暇がありません。
労働安全衛生マネジメントシステムに取り組むことで、労働環境が改善され、仕事に対するモチベーションの向上や、
「ずっとこの会社にいたい」という気持ちが育まれることを期待することができます。
また、この取組みを対外的にアピールすることで人材採用への好影響も期待することができます。

雇用が安定すれば、従業員の採用活動や、人材教育コストの削減にもつながります。

2.労働に関わるリスクの低減

労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001)の取り組みの中では、危険源(労働安全衛生上のリスクや、
マネジメントシステム上のリスク)を特定し、そのリスクをコントロール(評価、管理)することが要求されます。 

ISO45001に取り組むことで、確実に重大事故を減らすことが出来ます。
事故が減り、安全な労働環境は、働く人、その家族に安心と安定を与えることでしょう。
心のゆとりは、想像力を向上させ、業務の継続的な改善につながることも期待できます。

3.法令遵守(コンプライアンス)の推進

ISO45001では、自社に適用される法的要求事項を特定することや、それら法令に対する順守状況の評価をすることが求められています。よって必然的にコンプライアンス(法令順守)の強化にも繋がります。法令順守は、企業活動として必要最低限の取組みです。
気づかぬところで順守できておらず、第三者から指摘を受けた場合には、企業としての信頼低下や商取引上の機会損失を
招きかねません。ISO45001に取り組めば、確実にそういった事態を予防することができます。

4.社会的な信頼性の獲得

労働安全衛生マネジメントに取り組むことにより、顧客や取引先等、利害関係者からの信頼・信用を向上させることができます。
顧客の立場からすれば、委託先が労災事故を起こすことで、場合によっては自社が責任を問われるようなリスクを負います。
地域住民にとっても、隣接した現場が危険であれば、不安を募らせます。そのような第三者の不安をも低減することができるのです。

POINT

  • 労働災害の発生リスクを組織的に抑制する仕組みが構築できる
  • 災害発生による物理的損害のリスクを軽減できる
  • 事業所の安全確保により従業員に安心を与え、モチベーションの向上がはかられる
  • 雇用安定、従業員採用の向上により、人材教育コストの削減がはかられる
  • 労災による社会的信用の失墜防止や取引上の機会損失を回避できる
  • 事業所周辺地域や、利害関係者に対して、安心を与えることができる

主な取得業種

労働安全・労働衛生という働く環境を対象としているため、ほぼすべての業種が該当します。
ただ、現場での労働安全衛生リスクを考えた場合、製造工場や土木・建築系の業種が多く認証を取得しています。
会社規模は、数名から数千人まで幅広く、元請けから下請けまでサプライチェーンの位置づけも多岐にわたっています。

  • ●土木・建設業界
  • ●電気通信業界
  • ●小売り、卸売り業界
  • ●医療業界
  • ●サービス業界
  • ・・・など

「BS‐OHSAS18001」からの移行

ISO45001では、トップマネジメントのリーダーシップとコミットメントが強く求められ、『文化を形成、主導、推進する』という要求事項が加わりました。また、ISO9001やISO14001の2015年版と同様にHigh Level Structure(MSS共通テキスト)が採用され、リスクと機会の概念が加わっています。既に他のISO規格のマネジメントシステムを取り組んでいる組織にとっては、
一体的な運用がしやすくなりました。

リスク評価と管理策、働く人の協議と参加、法令順守、変更管理、緊急事態への準備及び対応などの重要プロセスは、
BS-OASAS18001から引き継がれています。

BS OHSAS18001の全体体系図

OHSMSの全体体系図

*「労働安全衛生マネジメントシステム 日本版と解説」
(2008、吉澤 正 監修 日本規格協会)より各項番の日本語表題のみ引用

ISO45001の全体体系図

ISO45001認証取得までの流れ

1. ISO45001/労働安全衛生マネジメントシステムの構築・全体概要

ISO45001はリスクをいかにコントロールし、継続的改善につなげていくかが、ポイントとなります。
リスクアセスメントによりリスクを評価し、施策をうち、運用、評価、改善というサイクルをまわしていきます。
まずは適用範囲を決め、貴社にとってこのシステムをどの範囲で運用していくことが求められていくかを明らかにしていきます。

2. 適用範囲の決定 ~自社を取り巻く状況の理解~

労働安全衛生マネジメントシステムを運用する範囲を決定していきます。まずは、貴社のおかれた状況を、
課題や利害関係者のニーズなどを整理することから始まります。
この項目は他のマネジメントシステムでも同様ですので、他の規格を運用しているのであれば、既存の情報に
「労働安全」という切り口で捉えてみるのもいいでしょう。

3. 経営者(トップマネジメント)によるコミットメント

すべては、経営者(トップマネジメント)によるコミットメントから始まります。「よし、やるぞ」という気概を示し、
リーダーシップをとることが、このISO45001を成功へと導く重要な要素です。
トップマネジメントによるリーダーシップとコミットメントは、労働安全衛生マネジメントシステムを成功に導く重要なプロセスとされています。

4. 目標と計画の策定

トップマネジメントによるコミットメントから組織としての方針策定へとつなげていきます。
労働安全衛生方針が決まったら、方針の内容に沿った形で、年度目標を策定いきます。
部門、事業所、現場など、特性に応じた実行計画を策定し、進捗管理をしていきます。

5. 労働安全衛生リスクの特定とリスク評価、管理策の決定

事業所や現場における、作業内容に潜んだ危険源を洗い出します。

危険源とは、設備や機械、資材、化学物質を使用する上で予見される危険可能性のあるものです。
それぞれの危険源について、危険や有害な事態が発生する可能性、実際に発生した場合の被害の大きさを考えながら、リスクの評価をします。評価結果(リスクレベル)に応じて、具体的な管理策と取り組む優先順位を決めます。

6. 法令その他の要求事項の特定と順守評価

日本における労働安全衛生の分野は、労働基準法にはじまり、各種細則にいたるまで、法令等によって管理されています。
労働安全衛生規則だけでも1000を超える条項が規定されています。
その中で、自社に適用される法令を特定し、順守していく、その順守状況を評価していく活動をします。

7. 働く人の協議と参加

第一線で活躍される方々が一番、その現場でのリスクを知っています。管理者はその方々の声に耳を傾け、
管理策に反映させていくことが事故や危険を回避する重要なプロセスとなります。

8. 運用・監視・評価・継続的改善

現場の声に基づいた管理策を確実に運用し、定期的に監視、評価、見直しをしていくことで、継続的な改善へとつながげていきます。

9. 緊急事態に向けた対応

事前の対策をとっていても、事故の危険性がゼロになるとは限りません。万が一の発生に備え、準備を整えておく必要があります。
あらゆる事故を想定し、事前にシナリオをつくり、訓練しておくことが、事故発生時の適切かつ迅速な対応に結びつくのです。

主な取得業種

労働安全・労働衛生という働く環境を対象としているため、ほぼすべての業種が該当します。
ただ、現場での労働安全衛生リスクを考えた場合、製造工場や土木・建築系の業種が多く認証を取得しています。
会社規模は、数名から数千人まで幅広く、元請けから下請けまでサプライチェーンの位置づけも多岐にわたっています。

  • ●土木・建設業界
  • ●電気通信業界
  • ●小売り、卸売り業界
  • ●医療業界
  • ●サービス業界
  • ・・・など

各種お問い合わせはこちらへ

                現在、以下の解説動画、セミナー動画を公開中です。            

                   ■ISO45001 解説動画

         ○動画をご覧いただくには、専用ページへログインしていただく必要があります。
            ※上記の「ISO45001無料動画公開中」をクリックしてください。 

Q&Aよくあるお客様のご質問

これまでさまざまな相談を受けてきた
JMAQAにお任せください。
費用について

企業の規模(従業員数や事業所の数)で認証に必要な費用が異なります。お見積りのご要請などは、
CS・マーケティング部までご連絡ください。

BSーOHSAS18001からの移行について

既に旧来の労働安全衛生マネジメントシステム( BSーOHSAS18001)を取得されている組織の場合、
通常の審査に最低1.0人・日を加えた工数が要求されています。

移行期間について

ISO45001:2018は、2018年3月12日に公表されました。そこから3年間のうちに移行しなければなりません。
よって移行期限は2021年3月11日となります。

各種お問い合わせはこちらへ

ISO各種研修、社内教育はこちら

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり