HOME > サービスメニュー > BS OHSAS18001/ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム:OHSMS)

BS OHSAS18001/ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム:OHSMS)

ISO45001「労働安全衛生マネジメントシステム」とは?

組織(事業所)の労働安全衛生方針を明確にし、従業員や利害関係者を取り巻く労働安全衛生に関わるリスクを分析し管理する規格です。労働安全災害の発生リスクを低減したり、このことが引き起こす経営への影響を最小限に抑えるための仕組みを構築するものです。
労働安全衛生マネジメントシステムは、これまでBS-OHSAS18001(英国規格)として広く受け入れられてきましたが、2018年3月にISO規格として国際標準化され、更なる市場への広がりが期待されています。

ISO45001の全体体系図

BS OHSAS18001の全体体系図

OHSMSの全体体系図

*「労働安全衛生マネジメントシステム 日本版と解説」
(2008、吉澤 正 監修 日本規格協会)より各項番の日本語表題のみ引用

認証取得のメリット

  • 労働災害の発生リスクを組織的に抑制する仕組みが構築できる
  • 災害発生による物理的損害のリスクを軽減できる
  • 事業所の安全確保により従業員の安心感と士気が向上します
  • 労働災害発生による社会的信用の失墜防止や取引上の機会損失を回避できる
  • 事業所周辺地域や、利害関係者に対して、安心感をアピールできる

「働く環境」改善のヒント?ここにあります。

JMAが取り組むマネジメントPDCAの仕組みを活用ください

ISO各種研修、社内教育はこちら

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり