HOME > サービスメニュー > JGAP/ASIAGAP

JGAP/ASIAGAP

安心・安全な農産物生産から食品加工まで日本能率協会は農業/食産業のパートナーです。
 

GAPとは?

GAP(ギャップ)は、農場やJA(農協)等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。

※GAP(Good Agricultural Practice)とは、農業生産工程管理のことで、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等に則り、定められた点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる“持続的な改善活動”となります。

GAPを導入することにより、食品の安全性向上、環境の保全、労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化を図るとともに、消費者やマーケットからの信頼性確保が期待されます。

GAPを実施することとは?

  • 良い農場の確立
  • 強い事業経営体としての農業経営が可能に
GAPを実施することとは?
 

「経営革新の推進機関」として

一般社団法人日本能率協会審査登録センターは2016年3月31日よりJGAPに認証機関として認定を受けました。
 

これまでの審査登録業務に加え、
食品産業の川上から川下まで食品の信頼性を担保するご支援をいたします。

GAP認証にむけて

GAP認証までの流れ

GAP認証までの流れ

ご自身の取り組みはどの程度適合しているか?
自己点検から始めましょう!

適合基準書はJGAP/ASIAGAPのスキームオーナーである日本GAP協会のホームページから無料でダウンロードが可能です。

2つのGAP認証方法

一般社団法人日本能率協会審査登録センターは2016年3月31日よりJGAPに認証機関として認定を受けました。
 

申込みのご依頼は以下のいずれかで承ります。

  • 個別審査をご希望の場合 ※現在、受け付けておりません
    「個別審査申込書」をダウンロード、ご記入いただきましたものをご郵送ください(①或いは②より)。
  • 団体審査をご希望の場合
    「団体審査申込書」をダウンロード、ご記入いただきましたものをご郵送ください(③或いは④より)。

見積もりのご依頼は以下のいずれかで承ります。

  • 見積り依頼フォームより必要事項ご入力の上、送信ください。(①より)
  • 「見積り依頼用紙」をダウンロード、ご記入いただきましたものを郵送、FAX・メールのいずれかでご送付ください。(②或いは③より)

ご申請内容やご登録内容に変更がある場合

一般社団法人日本能率協会 審査登録センター(JMAQA) CS・マーケティング部
[東京(本部)]
TEL:03-3434-1446 FAX:03-3434-2086
E-mail:jmaqa_gap@jma.or.jp

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり