HOME > ISO22000

ISO22000(食品安全マネジメントシステム:FSMS)食の安全

ISO22000は大手食品メーカーや小売との取引条件となるケースが増えている 食品安全規格です。
日本能率協会審査登録センターではISO22000の認証取得および認証取得支援サポートを行っています。

  • ISO22000(FSMS)とは
  • ISO22000 取得メリット
  • ISO22000内部監査

ISO22000(FSMS)とは

◇目的

  • 最終顧客となる消費者に安全な食品の提供。
  • フードチェーン内の食品安全を脅かすハザード(危害要因)を適切に管理するための仕組みの構築。

◇概要

  • ISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をベースにしたマネジメントシステム。
  • HACCPや一般衛生管理事項のPRP(前提条件プログラム)等の食品安全を管理するための要素を含む。

ISO22000取得メリット

ISO22000を導入すると、以下のようなメリットが考えられます。

  • イメージアップや知名度の向上からビジネスチャンス拡大へ
  • 顧客に安心を与え信頼感のアップ
  • 効果的な食品安全の仕組みで社内外の対応力の向上
  • 社内の意識向上と技術・経験・知識の共有・継承
  • トップマネジメントの浸透

ISO22000内部監査

内部監査とは、方針や手順が守られているかを判定するために、あとで検証できる記録や事実を、自分たちで確認する活動のことです。
マネジメントシステムは経営ツールです。経営ツールとは道具ですから、例えば錆びたり、故障すると本来の機能を発揮できません。ですから定期的な手入れが必要になってきます。内部監査はこの定期的な手入れの重要な活動です。

そもそも内部監査とはどういう活動かというと、組織自身で改善の種を見つけ、改善提案を行い、マネジメントシステムの有効性向上や成果の向上につなげていくために実施されるものです。しっかり機能させればマネジメントシステムの継続的改善につながっていきます。

図説

「ISO22000:2018要求事項のポイント」詳説
(「文書化された情報の要求に関する2018年版と2005年版の比較表」も含みます)

食品安全マネジメントシステム・ISO22000が改定されて2018年6月19日付で2018年版が発行されました。「改定の背景」から解説し、各要求事項ごとに詳しく紹介していきます。2018年版に取り組む組織には必見資料です。

ISO22000についての
お問い合わせはこちら

ISO22000についての無料お見積り

ISO22000についてのお問い合わせはこちら


関連する日本能率協会のソリューション

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり