HOME > ISO22000 > 食品安全マネジメントシステム内部監査の構築方法・ポイント

ISO22000(食品安全マネジメントシステム:FSMS)食の安全

ISO22000は大手食品メーカーや小売との取引条件となるケースが増えている 食品安全規格です。
日本能率協会審査登録センターではISO22000の認証取得および認証取得支援サポートを行っています。

ISO22000(FSMS)とは

◇目的
 •最終顧客となる消費者に安全な食品の提供。
 •フードチェーン内の食品安全を脅かすハザード(危害要因)を適切に管理するための仕組みの構築。

◇概要
 •ISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をベースにしたマネジメントシステム。
 •HACCPや一般衛生管理事項のPRP(前提条件プログラム)等の食品安全を管理するための要素を含む。

内部監査における視点・ポイント

ISO22000の内部監査のポイント例を挙げます。

・サンプリングは「意図的に」行う

 「何でもいいから見せてください」では何もみつからない

・以下の事例に関連するプロセスを対象にすると良い

 特に忙しかった…時期、月、週、日などの記録
 いつもと違うことをした日の記録
 新規製品、新規業務を開始した日の記録
 休み明けの日の記録
 新入社員・派遣社員・パート従業員が入った時の記録
 クレーム等トラブルの発生と関連した記録
 条件変更した… 設備、製法など
 手順、設備レイアウトを変更したプロセスなど
 経営者が関心を寄せているプロセスなど
 問題ありそうな記録の例
 チェックシートのチェック欄:監査時刻以降の欄にもチェックが入っている。(記録の先付け)
 チェックシートの承認:チェックが終わっていないのに承認されている。(承認の先付け)
 用紙がきれいすぎる。(現場の記録なのに汚れていない)
 モニタリングの時刻がいつも同じ。(7時ちょうど、8時ちょうどなど)
 チェック(モニタリング)の結果がいつも同じ。(レ点や○のみ)
 探し回らないと提示されない文書・記録 → 活用されていない?
 「ISOの管理記録ではない」と言われる記録 (重要なプロセス要素が 含まれている可能性あり)
 正確で適正な記録は、食品安全・品質保証の基礎

「ISO22000:2018要求事項のポイント」詳説
(「文書化された情報の要求に関する2018年版と2005年版の比較表」も含みます)

食品安全マネジメントシステム・ISO22000が改定されて2018年6月19日付で2018年版が発行されました。「改定の背景」から解説し、各要求事項ごとに詳しく紹介していきます。2018年版に取り組む組織には必見資料です。

ISO22000についての
お問い合わせはこちら

ISO22000についての無料お見積り

ISO22000についてのお問い合わせはこちら


関連する日本能率協会のソリューション

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり