HOME > ISO22000 > 取得流れ・更新審査と認定範囲について

ISO22000(食品安全マネジメントシステム:FSMS)食の安全

ISO22000は大手食品メーカーや小売との取引条件となるケースが増えている 食品安全規格です。
日本能率協会審査登録センターではISO22000の認証取得および認証取得支援サポートを行っています。

ISO22000の取得⽅法・取得の流れについて

認証取得スケジュール

認証取得後は、マネジメントシステムの有効性を確認するためのサーベイランス審査が毎年行われ、取得から3年目には更新審査が必要となります。
(以後3年単位で繰り返し)。サーベイランス審査や更新審査は必ず審査員が現場を見たうえで審査を行います。

認定機関:公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)

FSMS 新カテゴリ 新サブカテゴリ
A 畜産・水産業(動物生産) AI 肉/乳/卵/蜂蜜のための畜産
AII 魚及び海産物の生産
B 農業(植物生産) BI 農業(穀類及び豆類を除く)
BII 穀類及び豆類の農業
C 食品製造 CI 腐敗しやすい動物性製品の加工
CII 腐敗しやすい植物性製品の加工
CIII 腐敗しやすい動物性及び植物性製品の加工(混合製品)
CIV 常温保存製品の加工
D 動物の飼料製造 DI 飼料の製造
DII ペットフードの製造
E ケータリング E ケータリング
F 流通 FI 小売 / 卸売り
FII 食品の仲買 / 取引
G 輸送及び保管サービスの提供 GI 腐敗しやすい食品及び飼料の輸送及び保管サービス
GII 常温保存食品及び飼料の輸送及び保管サービスの提供
H サービス H サービス
I 食品包装、及び包装資材の製造 I 食品包装、及び包装資材の製造
J 装置の製造 J 装置の製造
K (生化学)化学製品の製造 K (生化学)化学製品の製造

記号の見方

すべての活動がJABより認定を受けています。
JABより認定を受けていませんが、JMAQAとして審査は実施します。

「ISO22000:2018要求事項のポイント」詳説
(「文書化された情報の要求に関する2018年版と2005年版の比較表」も含みます)

食品安全マネジメントシステム・ISO22000が改定されて2018年6月19日付で2018年版が発行されました。「改定の背景」から解説し、各要求事項ごとに詳しく紹介していきます。2018年版に取り組む組織には必見資料です。

ISO22000についての
お問い合わせはこちら

ISO22000についての無料お見積り

ISO22000についてのお問い合わせはこちら


関連する日本能率協会のソリューション

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり