HOME > FSSC22000

食品安全システム認証
FSSC22000

食の安全

および

FSSC22000は大手食品メーカーや小売との取引条件となるケースが増えている食品安全規格です。

「FSSC22000 認証取得研修プログラム資料」
食品安全マネジメントシステム構築を支援

現在GFSI認証スキームの一つである“FSSC22000”が注目されています。 顧客からの要求を受け、認証取得に向け構築に取組む企業も多いなか、基幹となるISO22000やPRP要求事項のISO/TS22002-1規格要求項目に対して具体的にどの程度のレベルまで対応すべきか、悩んでいる推進者も少なくありません。 日本能率協会では、FSSC22000 認証取得研修プラグラムをご提供しています。

  • FSSC22000とは
  • FSSC22000取得メリット
  • FSSC22000内部監査

FSSC22000とは

Food Safety System Certification 22000の略であり、FSSC22000財団(Foundation FSSC22000)によって開発された食品安全のためのシステム規格です。食品小売業界が中心の非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)
により、食品安全の認証スキームの一つとして承認された規格になります。


FSSC22000取得メリット

FSSC22000を導入すると、以下のようなメリットが考えられます。

【外部への効果 】

  • 国際競争力の強化
  • 社会的責任(CSR)の一環としての外部からの評価獲得
  • ブランドイメージ向上、取引先・消費者からの信頼獲得
  • HACCP制度化対応

【内部への効果 】

  • リスクマネジメント体制の構築
  • 統一された管理基準による業務効率化、コスト削減
    (不良品削減、動線整備による生産性向上、監査コスト削減等)
  • 社内プロセスの継続的改善

FSSC22000内部監査

内部監査とは、方針や手順が守られているかを判定するために、あとで検証できる記録や事実を、自分たちで確認する活動のことです。
マネジメントシステムは経営ツールです。経営ツールとは道具ですから、例えば錆びたり、故障すると本来の機能を発揮できません。ですから定期的な手入れが必要になってきます。内部監査はこの定期的な手入れの重要な活動です。

そもそも内部監査とはどういう活動かというと、組織自身で改善の種を見つけ、改善提案を行い、マネジメントシステムの有効性向上や成果の向上につなげていくために実施されるものです。しっかり機能させればマネジメントシステムの継続的改善につながっていきます。

図説

FSSC22000についての
お問い合わせはこちら

FSSC22000についての無料お見積り

FSSC22000についてのお問い合わせはこちら


関連する日本能率協会のソリューション

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり