HOME > マネジメントシステム改善のポイント > 【公開研修 開催報告「VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習」】

マネジメントシステム改善のポイント

【公開研修 開催報告「VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習」】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【公開研修 開催報告「VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習」】

ISO9001内部監査のレベルを飛躍的にアップさせる
現場の問題発見力強化セミナー

取材先:
VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習 現場の問題発見力強化セミナー

日本能率協会では、9月4日に「VR(バーチャル・リアリティ)を使った演習 現場の問題発見力強化セミナー【品質ISO9001】」を開催しました。監査先の工場の現場をVRを通して再現した本セミナーでは、参加者は現場における課題発見のポイントを実践的に理解することができます。

監査では現場でいかに課題を見つけていくかが重要になります。監査をテーマにした従来のセミナーでは、紙上などアナログで架空の工場などの現場を想定して、模擬監査を体験するケースが大半でした。

今回、実際の製造現場で特別に許可をもらって撮影した映像を使って監査の場を再現しています。VRでゴーグルを通して実際に現場にいるのと同じ光景を目にすることができるのです。

本セミナー(【品質ISO9001】)の開催・詳細についてはこちらまで。

●VRで工場の現場を再現し模擬監査を体感!
参加者は、ゴーグルを通して実際の工場の現場を目にすることができます。



本番の監査と同様に自分で着眼点を探していきます。





セミナーでは内部監査に関するさまざまなノウハウが取り上げられます。チェックリストについて記入方法を含めて解説します。



VRで工場の現場を一通り見終わった後、講師が課題を見つけるための現場での着眼点について解説します。



●「百聞は一見に如かず」
セミナーの場でセミナー参加者が、ゴーグルを装着して見えてくる世界は、部品工場の製造現場であり、食品工場の製造現場です。
VRコンテンツは、実際の製造現場で特別に許可をもらって撮影しているので、あたかも、本当に現地・現物を見ているような感覚で、監査の技法・ポイントを学ぶことができます。
VRセミナーは、今までにない体験を参加者にもたらし、新たな気づきを導き出す―VRは今後のセミナーのあり方に大きな変化をもたらすことが期待されます。



 

すべての取材記事の紹介はこちらへ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり