HOME > サービスメニュー > JFS-C規格 > 認定範囲情報

認定範囲情報

認定機関:一般財団法人 食品安全マネジメント協会
スキーム文書のバージョン:2.2

横にスクロールしてご覧いただけます。

 コード カテゴリ 含まれる活動の例
- AI 肉・乳・タマゴ・蜜用動物の生産 肉,卵,乳又は蜂蜜の生産に利用される動物(魚及び海産物を除く)の飼育 育成, 保護,わなによる捕獲,狩猟(狩猟時のと畜)
これに関連する農場でのパッキング及び保管
- AII 魚貝類の生産 魚肉の生産に利用される魚及び海産物の飼育養殖,保護,わなによる捕獲,漁獲(水揚げ時の殺処理)
これに関連する養殖場でのパッキング及び保管
- BI 植物の生産(穀類、豆類を除く) 植物[穀類及び豆類を除く、食用の園芸作物(果実,野菜,香辛料,きのこ類など)及び水生植物]の栽培又は収穫
これに関連する農場でのパッキング及び保管
- BII 穀類、豆類の生産 食用の穀類及び豆類の栽培又は収穫
これに関連する農場でのパッキング及び保管
- C 動物の処理  
- D 植物性食品、ナッツ類、穀類の前処理  
EI 腐敗しやすい動物性製品の加工 魚及び海産物,肉,卵,酪農製品並びに魚加工品を含む,動物性製品の製造
EII 腐敗しやすい植物性製品の加工 果実,生ジュース,野菜,穀類,ナッツ及び豆類を含む,植物性製品の製造
EIII 腐敗しやすい動物性及び植物性製品の加工(混合製品) ピザ,ラザニア,サンドイッチ,団子,惣菜を含む,動物性製品及び植物性製品の混合による製造
EIV 常温保存製品の加工 あらゆる食材による,常温で保管及び販売される食品(缶詰食品,ビスケット,スナック菓子,油,飲料水,飲料,パスタ,穀粉,砂糖,食塩等)の製造
- F 飼料の製造 畜産動物及び養殖魚向けの,単一の食材又は複数の食材の混合による飼料の製造
- G ケータリング 調理場又は外部調理場における,消費を目的とした食品の調理,保管,又は該当する場合は配送
- H リテール・卸売 顧客への最終食品の提供(小売店,店舗,卸売業者)
- I 食品安全サービスの提供 給水,有害生物(そ(鼠)族,昆虫等)の防除,清掃・洗浄サービス,廃棄物処理を含む,食品の安全な製造に関連するサービスの提供
- J 保管及び輸送サービスの提供 保管施設及び配送車両を使用した,食品及び飼料の保管及び輸送作業
これに関連する包装作業
- K 食品及び飼料の加工装置の製造 食品加工装置及び自動販売機の製造開発
L 化学物質・生化学物質の製造(添加物、ビタミン、ミネラル、バイオカルチャー、調味料、酵素、加工助剤)

食品及び飼料に加える添加物,ビタミン,ミネラル,培養物,香料,酵素及び加工助剤の製造

農薬,化学薬品,肥料,清掃・洗浄剤(の製造)
- M 食品及び飼料の容器包装の製造 食品包装資材の製造
- N 食品ブローカー/代理店  

(注1) ◎:すべての活動がJABにより認定を受けております。
(注2) △:JABによる認定は受けておりませんが、JMAQAとしては審査を実施いたします。

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり