HOME > ISO9001(品質マネジメントシステム:QMS)

ISO9001(品質マネジメントシステム:QMS)

ISO 9001は品質マネジメントシステムに関する国際規格です。
最も普及しているマネジメントシステム規格であり、全世界で170ヵ国以上、100万以上の組織が利用しています。

  • ISO9001とは
  • ISO9001取得メリット
  • ISO9001内部監査

ISO9001「品質マネジメントシステム」とは?

ISO9001「品質マネジメントシステム」とは、一般的に“アイエスオー9001”、“イソ9001”、“QMS”などと呼ばれ親しまれているどの業種・業態にも適用可能な最も一般的なマネジメントシステムです。

マネジメントシステムは、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を貴社の業務プロセスに組み込み、実施・運用⇒確認・評価⇒改善という継続的な改善サイクルを構築することであり、マネジメントシステムの一つである品質マネジメントシステムは、このPDCAサイクルをもとに顧客満足を向上させることを目的としています。

品質マネジメントシステム図説

注記:( )内の数字はこの規格の箇条番号を示す
*JISQ9001:2015より引用

ISO9001(品質マネジメントシステム:QMS)取得メリット

  • 顧客の信頼が高まり、取引を円滑に運ぶことができる
  • 企業のイメージアップや知名度の向上、ビジネスチャンスの拡大が図れる
  • 経営者の理念や方針を組織の末端に浸透させることができる
  • 仕事の流れや手順が明確になり、業務の効率化が進む
  • 個人の技能を共有化し、組織全体の力へ転換することができる
  • 予防処置や迅速なクレーム対応により、問題の再発を未然に防ぐことができる

ISO9001(品質マネジメントシステム:QMS)内部監査

内部監査とは、方針や手順が守られているかを判定するために、あとで検証できる記録や事実を、自分たちで確認する活動のことです。
マネジメントシステムは経営ツールです。経営ツールとは道具ですから、例えば錆びたり、故障すると本来の機能を発揮できません。ですから定期的な手入れが必要になってきます。内部監査はこの定期的な手入れの重要な活動です。

そもそも内部監査とはどういう活動かというと、組織自身で改善の種を見つけ、改善提案を行い、ISOマネジメントシステムの有効性向上や成果の向上につなげていくために実施されるものです。

しっかり機能させればISOマネジメントシステムの継続的改善につながっていきます。

図説
課題発見シート

ISOの改善のためのツール「課題発見シート」

MSの弱点・課題を克服するための処方箋「課題発見シート」をご提供しています。ご自身で課題を見つけだすセルフチェックシートで、内部監査に関連する項目も載っています。ぜひともシートを使って課題を抽出し、改善に向けて取り組んでください。

ISO9001についての
お問い合わせはこちら

ISO9001についての無料お見積り

ISO9001についてのお問い合わせはこちら


関連する日本能率協会のソリューション

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり