構築・認証取得の流れ

構築のポイント

  • まず、「組織の内部・外部の課題」、「(顧客を含む)利害関係者のニーズ」を明確にします。つまり、構築と運用を通じて、何を期待するかはっきりさせることです。
  • 品質マネジメントシステム構築の目的の1つとして業務の「見える化」が挙げられます。つまり、現状の業務フロー等を明らかにし、その内容をマネジメントシステムに落とし込んでいきます。マネジメントシステムを導入するということは、あくまで見える化のツールを使っているという認識が重要です。
  • 現在の業務で使用している文書・規定・記録類の棚卸を行います。できる限り既存の文書を活用することが、今後の運用をより容易にします。

CONTACT

各種お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3434-1446

メールでのお問い合わせ

JMAQAinfo@jma.or.jp

よくあるご質問

お問い合わせ

無料お見積もり